私の脱毛日記、毛がなかたらどんなに楽か?

私は、思春期に入るあたりから 脇やデリケートゾーンの毛については 悩んできました。他の子に比べて濃いような気がして。学生時代の水泳の授業がある前の晩は 特に気にしました。
社会人になり、オシャレに気をつかうようになるとますます気になりました。
それまで、エステはお金持ちがするもの…という認識しかなかったのですが、職場の後輩から「私、実は通っているんです。」と聞いた時は 私もやりたい!と、すぐに紹介してもらいました。両脇の永久脱毛をやりました。
脇の悩みは消えましたが、今は 膝から下と
VIOラインの処理について 悩んでいます。
彼氏がいるのですが、あまりにボサボサだど
恥ずかしいし、生理の時にタンポンを入れる際、毛がないほうが楽ではないか…と考えています。今はカミソリやハサミを使い お手入れをしていますが、カミソリはどうしても
肌を傷つけてしまいます。
なので、彼に見られても恥ずかしくないように 脱毛できたらな〜なんて 考えています。学生なので平日に通うようにしています

不要なものを探し出す

昔からごくまれにネットオークションに出品することがありました。出品するまでは良いのですが、落札された後のやり取りが面倒になり出品の頻度が減っていきました。しばらくは落札したいものがある時だけの利用でしたが部屋の模様替えをすると覚えていないものが沢山出てきました。頂いてそのまま未使用な物から買ったけれど一回使ってしまってしまった物など。捨てるにはちょっと勿体ないので久し振りにネットオークションに出品することにしました。以前よりはるかに出品しやすく、そしてその後のやり取りもとてもスムーズに行う事が出来、オークションに出品することが楽しみになっています。仕方なく出品していた頃からは考えられず、出品するものが何かないか探してしまうしまつです。オークションの為とはいえ、昔使っていたものが出てきた時はとても懐かしくなり思い出がよみがえってきます。その瞬間が喜ばしいのかもしれません。オークションが忘れていた思い出を振り返る時間をくれたと思い、これからも楽しみたいと思いました。